2007年05月23日

裁判官:「ウェブサイト」って何ですか?

3人のイスラム過激派の男性がネット上のフォーラムでテロの計画をしたという容疑で、イギリスで裁判にかけられました。

しかし・・・


59歳の裁判官は「ウェブサイト」や「フォーラム」という概念を全く知りませんでした

それらについて説明してもらった後でも、「概念がいまいちよく分かりません。」とのことで、裁判は難航しそうです。


■気になった英語表現<その1>


Judge Peter Openshaw broke into the questioning of a witness about a Web forum used by alleged Islamist radicals.
「イスラム過激派とされる人々が利用していたウェブフォーラムについての証人に対する質問中、ピーター・オープンショー判事が口を挟んだ。」(ロイ訳)


「break into 〜」はイディオムとして覚えるのは無駄ですからね。

break は「壊す」ですが、「完全性を壊す」とか「連続性を断つ」ような感じがあります。

ですので、break into the questioning ですので、「質問に割って入った」ということです。

それと alleged。

これを辞書で調べると「申し立てられた」「〜であるとされている」などと書いてありますが、日本語に訳しづらいので、訳語は気にしないでください。

そうではなく、以下に説明しますが、感覚できちんと掴んでくださいね。

used by Islamist radicals だと「イスラム過激派によって使われていた」、つまり

利用者 = イスラム過激派

というのが事実だということに(英語では)なります。

ですが、それが事実かどうかは分からないわけです。そういう容疑があるというだけで。

そういう場合に alleged を使い、

used by alleged Islamist radicals

のように表現するのです。


■気になった英語表現<その2>


"The trouble is I don't understand the language.
「問題は、私がその言葉を理解できないことです。」(ロイ訳)


The trouble is (that) ... というのは、その後に文章が来て、「問題は・・・」という表現ですね。

language は「言語」や「言葉」ですが、ここでは「コンピュータ用語」だと捉えると良いでしょう。


■気になった英語表現<その3>


Prosecutor Mark Ellison briefly set aside his questioning to explain the terms "Web site" and "forum."
「マーク・エリソン検察官は、質問を一時中断し、”ウェブサイト”と”フォーラム”という言葉について説明した。」(ロイ訳)


set aside 〜 は文字通りには「〜を脇によける」ですから、

\(・_\)ソノハナシハ (/_・)/コッチニオイトイテ

ということですね。


情報源&英文引用元


Judge to prosecutor: So what's a Web site?
http://www.libertypost.org/cgi-bin/readart.cgi?ArtNum=187531
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。