2007年05月28日

車椅子の飲酒運転?

ドイツで道路のど真ん中を走っていた車椅子の男性がおりました。

警察官が制止したところ・・・


ひどい酔っ払い状態にあることがわかりました。

車椅子の飲酒運転(?)自体は違法にはなりませんが、彼には何らかのお咎めがあることでしょう。

■気になった英語表現<その1>


A wheelchair-bound German stunned police when they pulled him over for using the road...
「車椅子に乗ったドイツ人に警察は度肝を抜かれました。路上で彼を止めたときのことです。」(ロイ訳)

pull over というのは、車などを「止める」という表現ですね。
自動詞でも使えますし、今回の文のように「〜を止める」と他動詞でも使えます。


■気になった英語表現<その2>


"He was right in the middle of the road,"
「彼は道のど真ん中を走っていたんだ。」(ロイ訳)

文字通りには「ど真ん中にいた」ということですが、状況から言って「ど真ん中を走っていた」と訳しました。
right という言葉で強調しています。


■気になった英語表現<その3>


The 31-year-old told police he had been out drinking with a friend
「31歳のその男は友人と飲んでいたと警察に語った」(ロイ訳)

told が過去形なので、時制の一致が起こっていますね。
元々の発言としては
"I was out drinking with a friend."
のようなものだったのでしょう。

#これも便利な表現ですね。


■気になった英語表現<その4>


Police said that because the man was technically traveling as a pedestrian, he could not be charged with a driving offence.
「警察によると、法律上、彼は歩行者であったため、運転違反に科すことはできないという。」(ロイ訳)

technically というのは、「建前上は」とか「厳密には」ということです。
ここでは「法律的には」ということでしょう。


情報源&英文引用元


Man busted while drunk driving in wheelchair
http://www.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idUSL2233116920070522
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43151428
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。