2007年07月19日

酔払いのせいで飛行機が引返す

ロシアからトルコに向けて飛び立った飛行機で珍事が起こりました。


酔っ払っていた3人のロシア人が1人の女性にからみ始めました。

そして、その女性を守ろうとした乗客との喧嘩が始まったのです。

その喧嘩が手に負えなくなってしまったため、仕方なく飛行機は引返しました。

3人の酔払いには多額の罰金が科せられたとのことです。


■気になった英語表現<その1>


a drunken brawl over a young woman spun out of control
若い女性を巡(めぐ)っての酔払いの喧嘩が手に負えなくなりました。(ロイ訳)

brawl は「騒々しい喧嘩、乱闘」です。

spun は spin の過去形ですね。
くるくる回って制御が利かなくなる・・・という、状況が目に浮かぶような英語らしい表現ですね。


■気になった英語表現<その2>


One of them took a fancy to a girl but she did not want to socialize with the new admirer
その一人が、ある女性のことを気に入ったのですが、彼女は相手にしようとはしませんでした。(ロイ訳)

socialize というのは「恋愛」という意味ではなく「人付き合い」というレベルで「付き合う」ということです。
ここでは否定形ですので「相手にしなかった」「関わらなかった」といったことでしょう。

the new admirer という言い方も面白いですね。非常に訳しづらいですが。


■気になった英語表現<その3>


Another passenger immediately rose to defend her.
別の乗客は、彼女を守るために即座に立ち上がりました。(ロイ訳)

rose は rise の過去形ですが、これは「立ち上がる」という意味ですね。
rise を使うと、stand (up) という言い方よりも堅い(文語的)です。


情報源&英文引用元


Plane returns after drunken brawl on board
http://www.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idUSL1374257220070713
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。