2007年07月24日

セクシーだから乗車拒否?

ドイツでの事件です。

20歳の女性がバスに乗っていました。

突然、


運転手がバスを止め、その女性に向かって叫びました。

「その胸の谷間が気になって運転に集中できないんだよ!

別のところに座るか、そうじゃなきゃバスから降ろすぞ!」(意訳)


■気になった英語表現<その1>


he said she was too sexy
彼女がセクシー過ぎたと彼は言った。(ロイ訳)

間接話法なので時制の一致で she was too sexy となっていますが、
He said, "She is too sexy."
ということですね。


■気になった英語表現<その2>


He opened the door and shouted at me
彼はドアを開け、私に向かって叫んだんです。(ロイ訳)

shout は叫ぶですが、「〜に叫ぶ」というのは to ではなく at を使います。


■気になった英語表現<その3>


Your cleavage is distracting me every time I look into my mirror and I can't concentrate on the traffic.
バックミラーを見るたびにその谷間が目に入って、運転に集中できません。(ロイ訳)

cleavage は「胸の谷間」のことですね。

distract は「〜の気を散らす」とか「〜の心をかき乱す」ということですが、現在形で your cleavage distracts me ではなく、現在進行形で your cleavage is distracting me と言っているところに、運転手さんの苛立ちを感じますね。


■気になった英語表現<その4>


If you don't sit somewhere else, I'm going to have to throw you off the bus.
別の席に移動しないと、バスから放り出すぞ。(ロイ訳)

バスや電車、船、飛行機などの交通機関に乗ることは前置詞 on を使います。
ですので降りるときはその逆の off になり、放り出すことが throw you off the bus になります。


■気になった英語表現<その5>


"Too sexy for my bus," woman told
「セクシーすぎ」と女性が言われる(ロイ訳)

woman told ですが、「女性が言った」のではありません。

これは見出しですので 言葉の使い方が普通とは少し違うのです。

見出しの場合には
・過去形は使わず、現在形を使う
・be動詞は省略されることが多い
・冠詞は省略する
などといったルールがあります。

ここでは、元々 woman was told と受動態なのですが、was が省略されています。


情報源&英文引用元


"Too sexy for my bus," woman told
http://www.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idUSL161097420070716
posted by ロイ at 15:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | セクシー系ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49075251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。