2007年08月15日

元F1ドライバーの運転免許取消

ネルソン・ピケ。

F1好きならば3回ワールドチャンピオンになった彼のことをご存知でしょう。
アイルトン・セナのライバルでもありました。


そんなピケですが、速度オーバーや不法駐車などで免許取り消しになり、運転講習を受けることになりました。


■気になった英語表現<その1>


Nelson Piquet began taking a driving education course on Monday in Brazil after having his license revoked for racking up too many traffic violations
ネルソン・ピケは交通違反を積み重ねたため自動車免許を取り消され、ブラジルで月曜日に運転講習を受け始めました。(ロイ訳)

having his license revoked は受身の表現ですね。(後で別に解説)

for 以下は理由を表しています。

rack up という表現は rack が「棚」ですから、「積み上げる」といった意味でしょう。
too many(多すぎる)と言っているのは、免許取消になるほど、ということです。


■気になった英語表現<その2>


His wife also had her license taken away for bad driving and joined her husband in the mandatory driver awareness course.
彼の妻も同様に免許取消になり、必須の安全運転講習に旦那と一緒に参加しています。(ロイ訳)

have+モノ+過去分詞、で受身の形ですね。
her license が taken away になるという状態を have した、ということなので受身になります。


■気になった英語表現<その3>


I think we have to pay for our mistakes
過ちは償わないといけないんだろう。(ロイ訳)

pay というのは「払う」という意味で覚える人が多いですが、本来は「代償を払う」という意味です。


情報源&英文引用元


Former racing champ loses driving license
http://www.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idUSN3044595520070731
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。